野鳥関係 新規登録
日本野鳥の会オホーツク支部 修正
《当支部の歴史》 1987年4月、北海道網走支庁(現:オホーツク総合振興局)管内にある「北見市」在住の野鳥愛好家を中心に、「日本野鳥の会北見支部」として設立。
1997年4月、北見市民以外の会員も増え、活動エリアも広域になったことから、より広い視野を持って活動を展開するため「日本野鳥の会オホーツク支部」へ名称を変更。
2006年2月、知床半島を中心とした広い地域に油に汚染された海鳥の死体が大量漂着(5,600羽:当支部調べ)する事件が発生、関係各機関への協力はもちろん、独自の現地調査や情報発信など、積極的な対応を行う。
2006年6月、現代のオホーツクで活動する者としての想いを込めたオリジナル・エンブレムを制定。
2008年春、管内において高病原性鳥インフルエンザの発症が確認され、オオハクチョウを中心とした水禽類の監視活動を行う。
2009年5月、これまでの活動が認められ、「第63回全国野鳥保護のつどい」において、野生生物保護功労団体として表彰(環境省自然環境局長賞)される。
2010年4月、国の公益法人制度改革により、「日本野鳥の会オホーツク」へ名称を変更。
2012年4月、国の方針転換に伴い、以前の名称である「日本野鳥の会オホーツク支部」に復帰。
《当支部の運営・性格》 設立当初より、10〜15名ほどのスタッフが中心となって運営を続けています。
スタッフは支部長以下全員ボランティアで、報酬はありません。
専用事務所は設置しておらず、事務局長の自宅に間借りする形となっています。
当支部は「公益財団法人日本野鳥の会(以下便宜上“財団本部”と呼びます)」の協力団体です。 当支部自体は法人格は有しておらず、任意団体となります。